• ホーム
  • 美容に役立つ食生活とレシピ紹介

美容に役立つ食生活とレシピ紹介

肌がきれいなので、満足する女性

美肌を保つには、体の外からのケアも大切ですが、体に取り入れる食べ物、そして食べ方もとても大切です。
肌のために大切な栄養素は、タンパク質、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンEなどがあります。
タンパク質は主菜である肉や魚、そして豆腐や大豆などに多く含まれます。
人間の体を作るのに重要な成分で、コラーゲンのもとでもあります。
ビタミンCは、コラーゲンの生成に必要な成分です。
かんきつ類などに多いイメージがありますが、果物だけでなく、ブロッコリーなどの野菜や芋類にも豊富に含まれます。
とくに芋類のビタミンCは過熱に強いので摂りやすいですね。
ビタミンAはレバーや緑黄色野菜に含まれています。
肌荒れや乾燥を防いでくれる重要な役割があります。
ナッツや胡麻などに多く含まれるビタミンEは、抗酸化作用で肌の美しさを保ちます。
これらの栄養素をきちんと摂るには、3食できるだけきまった時間にバランス良く食べることが大切です。
また、多品目の食材を摂ることのできるメニューには、温野菜サラダや煮物、具だくさんのスープなどがありますね。
ここではご飯に合う、アレンジ筑前煮をご紹介します。
材料:鶏手羽元、にんじん、大根、こんにゃく、ごぼう、かぼちゃ、里芋、ブロッコリー
調味料:胡麻油、酒、砂糖、醤油、みりん(各適量)
鍋に胡麻油を温め、火が通りやすいように骨にそって切り目を入れた鶏手羽元を入れて炒めます。
食べやすく切ったにんじん、大根、こんにゃく、ごぼうを加えて軽く炒め、だし汁を入れます。
かぼちゃと下茹でした里芋を加え、酒、砂糖、醤油、みりんを適量入れて煮含めます。
塩ゆでしたブロッコリーを飾って完成です。
彩りもよく、お肌と体に良い食材がたくさん入っています。
ぜひ作ってみてくださいね。

関連記事