• ホーム
  • 肌とメラニン色素の関係について

肌とメラニン色素の関係について

肌の問題を心配する女性

メラニン色素は肌の色を決める重要な役割を担っています。
また紫外線から肌を守る働きもあります。
メラノサイトから放出されて表皮細胞に入ったメラニン色素は、紫外線を吸収します。
これによって紫外線が炎症を起こすのを防ぎ、細胞がダメージを受けないようにします。
皮膚の色が薄い白人と比べて、黄色人種や黒人は皮膚がんになりにくく、メラニン色素が多いためと考えられます。
一方で、メラニン色素は肌にシミやくすみを作る原因でもあります。
一般的に紫外線を浴びる量が減ると、メラニン色素の生成も減少します。
メラニン色素を含んだ表皮細胞がターンオーバーによって剥がれ落ちると、日焼けをする前の白い肌が現れます。
しかしそのバランスが崩れると、シミが作られます。
バランスを崩す原因に紫外線の浴びすぎがあります。
一部のメラノサイトが暴走して、大量のメラニン色素を生成します。
一般的に子どもよりも大人の方が長い人生の中で紫外線を多く浴びているので、肌にシミができやすいです。
また屋外スポーツを楽しむ人や、外で仕事をする人もメラニン色素の生成が過剰になることがあります。
次に植物や化学物質もメラニン色素の生成に関係しています。
これらは紫外線の有無に関わらず、刺激を受け続けることで肌を守ろうとメラニン色素が作られ、沈着することでシミになります。
若い人はターンオーバーが正常なので、作りすぎたメラニン色素を除去できますが、加齢に伴い新陳代謝が弱くなると、シミを作りやすいです。
さらにストレスなどで肌がダメージを受けて、免疫力が衰えるのもメラニン色素を増やす要因です。
活動の弱ったマクロファージがメラニン色素を大量には食べられないので、シミを悪化させます。
新陳代謝の弱い人はターンオーバーの促進をする美容クリームを使用することをオススメします。
ターンオーバーを促進する美容クリームにはヒルドイドがあります。
病院での処方せんのほかに、ヒルドイドを通販サイトで購入することもできるので、試してみたい方はこちらでの購入もいいでしょう。

関連記事